イオン銀行での住宅ローン借り換えにメリットはある?

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローン相談です。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。

それにより、確実に通る。

というものではありません。

通らなかった...という方もたくさんいらっしゃいます。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、他の銀行へ住宅ローン相談を組み直す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えができる。

という所は少ないでしょう。

借り換えにはそういったケースも含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。

申し込み法は手軽にでき自宅近くの銀行などでも受付可能ですしネットバンキングでも良いでしょう。

加えて、不動産屋と協力している銀行にするといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは年末調整では受付できませんのでローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

家を購入する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローン相談です。

申し込みはお近くの銀行や信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

けれども、審査がどんな場合でもあります。

重要とみなされるところはその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

さらに、関係なさそうな過去のお金に関するトラブルなども基準の中に含まれているので万が一思い当たる人はそちらをまずきちんと整理し申し込みをされると良いでしょう。

初めて住宅ローンを組む際によく聞かれるのが「自動車ローンをすでに組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば可能です。

しかし銀行側では年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫して借りられないこともあります。

当然ですが、自動車ローンをキチンと返済していないと信用情報が悪くなりローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、現在組んでいる自動車ローンの分を住宅ローンに組み込んで住宅ローンと一緒にしましょうと提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

夢のマイホームを買う際に多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が多くて困っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを享受したいことを考えると今借りているローンよりも金利が低く設定されている必要があります。

判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので確認してみてください。

ただ、その際の注意点として、シミュレーションを使って20万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費が発生して総額がそんなに変わらなかったということもあります。

住宅ローンの返済で大変というと人の中には住宅ローン借り換えを行うかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

もし借り換えを行う場合は、新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外のメリットも求めていますよね。

具体的に、どういったメリットで選ぶかというと他のメリットとしては、繰上げ返済が簡単なことです。

例えば3000万円を30年ローンで支払う場合、60万円以上かかる計算になります。

例えば3000万円を30年ローンの場合、60万円以上かかる計算になります。

「最も良い資産運用は繰上げ返済である」と言われるくらい大切です。

「最もお得な資産運用は繰上げ返済である」と言われるくらい大切です。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にして支払い総額を抑える住宅ローン借り換えですが、借り換えにはいくつか注意点があります。

全ての人に当てはまるのが借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を今よりも低く抑えられることなどが挙げられますが基本的に金利が低くなっているのは変動型なので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要があります。

金利だけでなくこういった面も含めて総合的に考えるべきです。

また、借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先は保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

現在のローンよりも金利の低いローンへ変更する住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の本人確認書類などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる所得証明などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる間取り図などの書類になります。

勤務先などで取得する書類は比較的見慣れているのでどんなものかイメージしやすいですが土地公図などは普段見慣れないのではないでしょうか。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合はもっと多くの書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えを行った経験はありますか?大半の人は行ったことはないはずです。

ここではローンの借り換えの流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローンを再確認です。

引用:イオン銀行住宅ローン借り換えはメリットある?金利・諸費用研究!【使いやすさは?】

イオン銀行機関の多くでHPに設置されている借り換えシミュレーションで借り換え後の毎月の支払い額や総額を確認してみましょう。

総費用を見てお得だと判断した後は借入銀行選びです。

金利だけでなく、保証料など自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったら最も条件のいい銀行を選びましょう。

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件次第で利用できます。

しかし、この制度を適用させるには勤め先で年末調整をしている方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に借り換えを行う目的は借金を返すためではなく金利条件を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

様々なローンを利用する際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かどちらが得なのでしょうか・金利だけを気にすると変動の方が低くなっていることも多いです。

しかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わるので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が不安定になってしまい返済計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合はおそらく変動を選ぶことになると思います。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても毎月の支払額に変更がないというメリットもあります。

両方の中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

住宅ローン借り換えを行うにあたり色々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記手続きなどです。

登記手続き自体は司法書士が行ってくれますが司法書士を選ぶ権利は申込者側に原則あるので金融機関次第では自分で選ぶことも可能です。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないのが大半だと思うので金融機関の指定する司法書士にお願いすることも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて労力が伴わないと思ったら行わない決断もありです。

住宅ローン借り換えとは、別のイオン銀行からお金を借りて、現在借入中のイオン銀行に完済することで債務を別のイオン銀行に移すことです。

借り換えに関しては借入している銀行の承諾は必要ないので理論上では何度でも借り換えが可能になっています。

ただ、借り換えをする理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うので1回限りと言われるとべストな時期に借り換えをしたいですがまた、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくそのため、借り換えの時期とよく言われているのがそのためオススメされているのが借り換えメリットが月収以上になったときです。

住宅ローン借り換えに関して調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンが組めないということです。

どういった場合にそういったことが当てはまるかというと転勤することになって転勤先での賃アパートなどの貸料と二重になるので、今よりも金利が低いローンに借り換えをして支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ新しく組めないかというと、住宅ローンという制度は自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、住宅ローン以外の金融商品を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからないと思います。

離婚で別居する際なども家族扱いにならないので同じことが言えます。

最初に組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが1回組めたから借り換えも大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

借り換え審査時に職場や年収が変わっていなければ審査に通ることの方が多いようですがほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

また、年収や職場が変わっていなくても借り換え時にはカードローンや教育ローンなどローンの数が増えている、他にはカードローンを利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

年収に対してのローン額が増えていると通らない可能性があります。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った際には控除は利用できるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントと専門家も言っています。

ローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないことなどがあります。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満の場合、戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

毎月のローンの支払額や総支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを考える家庭もあると思います。

では、その場合、今加入している火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

現在借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える際に別の保険に加入することも継続することもできます。

もし、継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、あまり見直しなどを行う人が少ないので内容を見直すのもいいのではないでしょうか。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置しようという人もいるようです。

実は借り換え融資プランもあるので住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合が多いそうです。

得するには基本的に金利差が0.3%以上あると良いようです。

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースですが変動の方が金利は1%から2%低く設定されているので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

金利変動リスクの心配をしたくない人は固定金利制をお勧めします。